Home News Inquiry
問い合わせ
AirRifle
空気銃
Pellets
Optics
光学製品
Mounts
マウント
Pumps
ポンプ
Cleaning
クリーニング
GunCase
ガンケース
Camouflage
カモフラージュ
Stock/DIY銃床 To main
Home
Perfor
mance
ただ今、空気銃の掲載は諸般の事情により一時中止しております。詳細は東京事務所090-1696-2186にお問い合わせください
CTC Barrels バレル
バレル ライフリング雑学
 ライフリングとは銃身腔内に刻まれている線条の事であります。
 空気銃においては通常6から12条が多く採用されておりますが、
小さな口径ほど多くのライフリングが刻まれることが多いです。
 マルチ グルーブと称される12条などは口径4.5mmに多く採用されておりますが、多い方が高精度になるとは限りません。
むしろ製作行程上の都合かも知れません。
 大きな口径ほど少ないライフィリング傾向になって行きますが、多い少ないの基準となるべき要素は、
ガス漏れを起こさなく、適度な抵抗性になるでしょう。
 軍艦などに搭載されている主砲のライフリングは、数えるのが面倒になるほどの多くの条数が施されております。
口径とライフリング条数を比例的に検証してみると、遙かに細かな条数であることが分かります。
 つまり、大きな口径ほど、より細かな条数が必要であり、それは抵抗を考慮するときに、浅い刻みで済むことに期待しての結果でしょう。

インナー バレル シュラウド インナーバレル
 銃という道具にとってこれほどの重要項目はないでしょう。
 CTCで取り扱う銃身は数
国から取り寄せたブランクス 銃身です。
ブランクスとは何も手を加えていない元の銃身であり、CTCでは20mm径が在庫されております。
 この銃身を、目的に合った太さ長さに、慎重に削り込んでいき、加工銃身となります。
 輸入して、どうしても気に入らない既成銃にはこの銃身を使い、仕上げてから販売いたします。
 空気銃の銃身腔内というと、全て先端数センチに絞りを施してありますが、
全ての種類の空気銃に当てはめるのは、まったくのナンセンスな行為と我々は体験的に知っております。
例えば、.22リムファイアー(SB・スモールボア ライフル)などには、この縛りは施しておりません。
ではなぜ空気銃に施してあるのでしょうか。
それは、空気銃の弾速は遅いので、もっと弾速を上げたい期待から、吹き矢の応用で、先絞りとして最後の一吹きに期待したのでしょう。
しかし、現在のハイパワーにおいては、その様な構造は要りません。それは 弾速がSBに かなり近いからです。
勿論、我々は初期段階からテストを繰り返し、その考えが正統であることを突き止めております。
 ツイストも同様です。殆どのメーカーはワルサー銃身となり、ツイスト1−16(一回転に必要な長さ)が圧倒的に普及しております。
(しかし、ワルサーと、どこに明記してあるのでしょうか???まったく不明瞭な世界です)
ハイパワーもローパワーも同じツイスト、何か人を馬鹿にしているように感じてしまいます。
CTCでは、その銃に最適なツイストを体験的な見知から見出し、使用目的に有効でスムースな加速を実現しております。
 40ft-lbs以上のハイパワーでは当たらないと言い続けていた業者さん方 今では売っておりますよね。
 空気銃でもパワーがいくら有っても当たるように設計すれば、当たるのです。何せ、古今東西にはその証拠がいっぱい有るのですから。
 US−Barnes社などではライフル並のパワーで、スラッグ弾を200ヤードに向けて撃ちます。
グルーピングは3発1.5インチ。
そのかわり、数発ですぐに銃身腔内クリーニングを徹底いたします。銃身は70cmの長大です
(銃身とは加速機なのです)。そして、圧力は200k以下で十分なのです。この現実は、充填圧を上げてもハイパワーとはならない良い例でしょう。
それは火薬の膨張速度より、空気圧伝達速度は遥かに低いからです。
それを補うのが銃身であり、長くなります。我々が可能な限り長い銃身を求める理由がそこにあります。

 
このたび金属ブラシによるクリーニングにも耐える事を保証する銃身を導入しました。
今までのほとんどの空気銃銃身には、そのメーカーで作られた証である刻印はなく、例えワルサー銃身と空気銃メーカーが賞賛していても、
果たして金属ブラシに耐えられるものか心配で、布やフエルトなどの柔らかい材質によるクリーニングを心がけてきたのが常でありました。
 鉛の付着による着弾精度の影響は、口径とパワーが大きくなるに従い顕著にその傾向が現れてきます。
 「最近になって着弾の乱れがあり、いくらソフト クリーニングを試みてもその現象から離脱できない」
その様な時には直接付着物を強引に落とし去る金属ブラシを使いたくなります。
 
 
このたび導入いたしました銃身は、最も使用頻度の高い口径5.5mmです。
他の口径はありません。そしてこれからの空気銃界の主力となるシュラウド(二重銃身)用に、細い仕上げとなっております。
つまりこの銃身はインナーバレルとして使われます。
どうしてもシュラウドでない太い銃身をご希望の方には、
この銃身にスチールまたはアルミ材圧入アウターにより完成させることが可能です。

ポリゴナル銃身
                   .22Cal./60ft,/50m/10発
ポリゴナル銃身

    Enfield    Polygonal(八角)
 普通のエンフィールド ライフリングではなく 六角形にできたバレル内を弾が通過いたします。
エンフィールドより断面積が少なく角がなく平面的。
弾形状が崩れにくく原形を温存・ 最小の抵抗値・ガス漏れ減少・残留物処理の簡素化などを目指しております。
歴史的にはドイツのH
&K(八角)が採用してから数十年経過しております
普通のエンフィールド ライフリング
Saver7000バレル

Chronograph クロノグラフ 弾速計
弾速計  \34,650
 クロノグラフ(弾速計)は殆どのマニアが今では所持しております。
 細かな空気銃の検証をしたいハンターには是非とも所持して頂きたいアイテムですが、
話しだけはやたらに詳しいのに、弾速計を持っていない事が判明してしまうと、今までの話しの裏付けが軽薄に感じてしまいます。
 弾速計はその銃、弾について、自身が納得いく答えを更に明確にするためにはなくてはならない装備であり、
人にいくら詳細な説明をしても、自身で検証していない証が、このアイテム無しでの行為になるのです。
私が昔から銃砲店の方々に、空気銃の所持をお勧めしてきましたが、更に奥深くその証を追求したならば、
この弾速計に行き着くはずでしょう。
 弾速をデータ上で納得して終わりにすることと、実際に所持して納得することでは天と地ほどの違いがあります。
それは、実際に飛行する弾のイメージを感じようと努める姿勢がそこに見えてくるのです。
それは経験した自身にしか分からない大変繊細な世界です。


弾雑学
 空気銃弾はPellets(ペレット)と呼ばれ、ライフル弾Bulletと区分けされています。
 この弾はよく当たる優秀弾であると豪語していまう宣伝記事が有りますが、非常に誤解されやすい表現になるので注意が必要です。
 良い弾とは、その銃においてのみ最適な状況、つまり、高精度となることが非常に多いものですので、
あたかもどの様な条件でも常に高精度が得られる表現には無理があるのです。
強いて言えばバラクーダ系とクロスマン・プレミア系は確かに優秀弾に入るでしょう。 
ライフルや銃身自体にも言えますが、良質なものは、多くの条件に適合できます。
 弾速領域の幅にもその差が歴然としてきます。何と、低パワーから50ft以上のハイパワーまでカバー可能となる弾も有るのです。
しかし、その銃にとっての最適弾とは、一般論を適合させるのではなく、
多くの弾から自身で選び出すことが大原則であることも事実であります。
 そして 空気銃ファンにとって 空気銃がおかれている現実の立場 つまり その限界を知る事が 何よりも大切であります。
これは無駄をしない大切な要件でありますので 早い時期に理解して下さることを願っております。
空気銃弾はライフル銃弾(ブレッド)と比較すると 格別に製造精度が落ちております。たぶん現在の生産技術が限界でしょう。
この精度で挑戦する射撃には 自ずと その限界値が存在しております。
 50mで一円玉に集弾したければ 必然的にパワー領域の範囲と発射弾数を絞り込む結果となります。
「この銃はワンチャージ当たり何発撃てる?」
なんて言われる射手には 少々不自然な領域でしょう。
悪までも狩猟銃である限り 一発目がどこに着弾するかに 精魂かたむけるのがライフルマンたる由縁ではないでしょうか・・・
ワンチャージ当たり30発発射しても 50mでの着弾が下降しなくても 精度の良い領域を見つけ出し 
その領域でのみ考えるのがハンターの心意気ではないでしょうか・・・
PCP(プリチャージ空気銃)になった途端 今までの正当派を捨ててしまう・・・
ポンプ銃時代の意気込みが失せて行くのが このPCP時代なのでしょうか・・・

炭酸ガス式から空気式に改善・・・PCP化・・・ただし 将来無駄になるかもしれません・・・よく検証ください
ガス銃がPCPPricharged Pneumatic銃に変身
P:Pneumatic(ニューマチック):空圧道具の総称
PCPシリンダーを過大評価しないでください。蓄気圧は100kgまでで 100ccほどのタンク容量です。
発射弾数は少なく パワーはポンプ銃程度です。しかしイギリスでは一番多いパワー領域です。
使い方によっては 困難な要素が多い エキスパート向けの逸品かも知れません

安価でPCPが入手できるからというだけで購入する方には
決してお薦め致しません
勿論 初心者には不向きです・・・もっと獲れやすい銃をお薦めします
この銃を選ぶ方は 二丁目三丁目の銃として
豊和55Gのスタイルに惚れ込んでいる方にお奨めです
   PCPシリンダー
豊和ガス銃 PCPシリンダー着装  \57,750 口径4.5mmではポンプ銃を凌ぐ弾速であり、理想的な低伸弾道を生み出します
パワーは口径に関係なく 19〜20フットポンド ポンプ銃程度です
口径5.5mmでもパワーは同じですので 断然4.5mmが有利です
          
着弾精度については 保証してはおりません
PCPシリンダークリックで拡大します 豊和ガス銃のシリンダーを延長拡大して パワーソースを炭酸ガスから空気に切り替えるために
製作されたシリンダーです。シャープ社ガス銃は 構造的に無理がありますので製作しておりません
このシリンダーは豊和ガス銃用です。写真の通り 元のシリンダーを延長拡大するものです。いつでも道具無しで元のガス銃に復帰可能です
東京営業所090-1696-2186
 供給圧は100Kですので、手押しポンプで簡単に供給できます。
口径4.5mmにおいては、超音速域弾道が可能となり、50mで10発発射しても、着弾の
下降は見られません。取り付けは、工具なしで即座に完了します。
 
 
ただし 悪までもユーザーが所持している銃ですので 着弾精度は ご自分で確保しなければなりません。
我々はいたずらに このシリンダーをお勧め致し
ません。精度確保する目的で 弾倉改造して他種の弾を装填可能となりますが それには当然改造経費が数万円かかります。
そうして将来を考えますと 
始めからそれに適したPCPを お買い求めになった方が良い結果となる可能性が有るのではないでしょうか・・・
PCPシリンダーの猟果
田澤さん撮影 2005/11/10
 田澤さんよりのおたより
 昨日ようやくシリンダーが活躍しました。カルガモはせき止められた川にて。
キジは自宅裏の枯れ池で獲りました。
特にキジは縄張り争いで首の羽がほとんどありませんでしたので、
きれいに写っていませんが、画像がHPなどでお役に立てば幸いです。
パワーが上がったため止め矢もしやすくなりました。質問です。
気圧はどのくらいまであげてもいいでしょうか。銃の破損が怖く、80k程度の充填で止めております。

 お答えします

 構造的強度は100kまでですので それ以上は上げられません。 また それ以上上げられたとしても
弾速は下がってしまい 空気の無駄食いともなります。
また 少々の弾速を上げるより 獲れる精度が絶対的優先ですので
そのままでお使いになることをお勧め致します。
 このシステムは100k以内で使うことで その効率に貢献しております。
それは手押しポンプを楽な空圧領域で使え 比較的頻繁に空圧回復を行うことにより
チャージング当たりの発射弾数は少なくする習慣にもなるでしょう。
この習慣はPCP銃の極意です。ワンチャージで何発撃てるかより
 より確実な弾道が一発目に得られるかが決め手です 
つまり 発射弾数を最小限にしてでも 精度追求を優先する醍醐味です。
 PCPの世界には 高精度でフィールドに挑戦できる余裕が存在しております。
それは決してパワーばかりではありません。パワーソ−スである圧力を自在に
コントロール出来るところは この銃の可能性を大いに増幅しております 
そして更なる配慮を持ってして臨めば その素晴らしさが実感できることでしょう。
その配慮とは 高精度が埋もれている圧力領域を探り当て その高精度領域での発射に留める事です。
それは決して ものぐさハンターには達し得ない エキスパートへの領域でしょう。
06.02.15 木津さん猟果

長浜城博物館空気銃特別展示集
琵琶湖を境として対岸が京都、戦国時代から流通の中心と発信地として栄えた近江。
琵琶湖の東岸に面した近江の長浜城。
長浜の町は大公さんの縁ある地としても有名であり、こと鉄砲にかけても有能な人材を輩出しております。
この写真は数年前に古式空気銃の展示会が開催されたときのものです。
クリックで画像が拡大します
Home News Inquiry
問い合わせ
AirRifle
空気銃
Pellets
Optics
光学製品
Mounts
マウント
Pumps
ポンプ
Cleaning
クリーニング
GunCase
ガンケース
Camouflage
カモフラージュ
Stock/DIY銃床 To main
Home
Perfor
mance